歯医者でスッキリ歯の悩み【口の健康を維持しよう】

笑顔

費用を明確にする方法

治療中

具体的な費用の目安を知る

一般的な矯正治療は基本、保険が適用されない自由診療となっています。これは各歯科医が決めた治療費に従って、自己負担で支払うものです。堺市の矯正歯科は場所によって治療費用は異なりますが、治療の基本的なプロセスを知り、内訳を知っておくことで費用を抑えることができるポイントを知ることができます。堺市にある複数の矯正歯科では、治療前と治療中、治療後に関わる全ての費用をトータルで最初に掲示してくれる歯科医が多いです。これにより、あらかじめ総費用を決めた上での治療になるので、後々のトータル費用が変わることがないのでプランも立てやすく、安心して治療を受けることができます。また、堺市の矯正歯科は治療の支払いに対して様々なローンがあります。支払い計画を立てる上でもオススメです。

保険が適用されるケース

自由診療となっていることが多い矯正歯科での治療ですが、保険が適用されるケースもあります。特定の先天性疾患がある場合と顎変形症と診断された場合になります。顎変形症の場合は認定された医療機関に診断を受け、外科手術を含む、指定されたプロセスで治療を行うことが必要になります。また、1年間に10万円以上医療費がかかった場合は、確定申告をすることで所得税の控除を受けることができます。しかし、矯正治療は審美的な目的で治療した場合、医療費控除の対象にならないので注意する必要があります。堺市の矯正歯科では、長期的な返済プランを立てることができるローンもあります。また、矯正治療には健康保険が適用されるケースや医療費控除を受けれるケースもあります。具体的な費用の抑えどころを把握することによって、支払いのプランも立てやすくなります。